SEO対策:北海道
 
■はね330

生まれも育ちも北海道。
食べられないものはないけど、舌はこえている。
小さいときは父さんが採ってきた竹の子を、どこの山で採ったか当てていました。
調味料は塩・コショー!
食い意地 黒帯です。

はね330

Author:はね330
FC2ブログへようこそ!

3月4日、管理者の名前を変更しました。
コメント・トラックバック大歓迎です。
ただし、アダルトサイトや本文と関係ないようなトラックバック・コメントは遠慮なく削除させていただきます。
・いいさ、これで
↑はね330の公式(?)ブログです。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■カテゴリー
■tw

■おいしいお勧め
■最新の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ぐるめ探検隊

ぐるめ探検隊バナー画像
このブログがどんなブログなのかがみなさんの一票によって決まります。
投票する

■過去ログ
■QRコード
■ブロとも申請フォーム
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | --:--:--
面と向かっては大声で言わんけど、本気でおめでとう!!
久しぶりに結婚式に参戦!

HNMAメンバーでもあり、焼き物会メンバーでもあり、元同僚であり、友人である 某イヅッチ。
てっきりこっちの世界に来るものだと思っていたが、どうやら素敵な人に出会ってしまったらしい。

張り切って着物で参加。ってか、Gパンより少しかしこまった衣装は着物しかないのだ。
朝からの大雪が、家を出る時にはスカッと晴れた。流石の晴れ女。

場所は双子山の「ジャルダン・ドゥ・ボヌール」
口がこんがらかって、うまく言えない。そんなお洒落なところだ。

結婚式

人前式。
親戚・友人・知人などの前で永久の愛を誓う。
大きな窓の向こうでは、どっさり雪をのせた木も見守っている。

式が終わりパーティー。
席の名札の中には、それぞれに向けて感謝の言葉や、ちょっと泣ける言葉など、手書きのメッセージが書かれていた。

私へのメッセージはこれ。

メッセージカード


これかいっ!!
流石、わかっていらっしゃる。
私が一番泣ける、うれしい言葉だ。
着物だが、期待に応えようじゃないの。


料理1

やり烏賊に詰めた函館ついき農園産ほうれん草とアーモンド
庄内板麩で巻いたキャベツとひじきのエテュヴェ
トマトのサラダとヴィネグレットソース


料理2

シェリー酒でデグラッセした伊達鶏ハツのプロシェット、
余市産葡萄のジュレ
ブロッコリーのクリーム・さつま芋と胡桃のマフィン添え


写真を忘れた。
釣り鯛のヴァプール・オマールエビのエキスとココナッツのソース
バチそうめんとグリンピースのガトー仕立て
伊達産セロリラブのチップ

古代米のうどん


料理4

仏バスク地方ピエール・オテイザ氏のバスク種黒豚ロース肉のロティー
ピメン・デ・エスペレットと緑のポワヴロンソース
シャドークィーンのデュセス
洞爺湖佐々木農園さん人参のタリアッテレ
有機ガーリックのフリット


言うのはもちろん、PCで打ち込むことも苦労する、そんなかっこいい名前の料理たち。
なにかとソースが美味しい。
もちろん、それに合った素材・料理もうまい!
料理を運んできたお兄さん、お姉さんにいろいろ説明を聞いたのだけど、なんせ私は飲み放題! 覚えていません。すみません。

で、私はいろいろと用を足しに席を離れることもあったのだが、その度に外を見て気になっていたものがあった。

何度目かの用足しの時、廊下にいた係りのお兄さんが「よろしければ、アイスバーへ。ジャンバーもありますよ。」と声をかけてくれた。

アイスバー1

ここ、ここ、「あそこに行けないのかな」って、気になっていた。
MASAさん、ちょびりこ。さん、O川さんを引き連れ、アイスバーへ一番乗り!!

4人

アイスバーの中


入り口から外を見るとこんな感じ。

中から外


いや、式の詳しい内容は省いてしまったけれどね、ほんと素敵な結婚式だった。
公私共に、いろんなことした仲間だけど、これからは彼とも思い出を作っていくんだね。
「彼とも」だよ、も、
ワシらともまだまだいろいろと作り続けていくからね。

いつまでも、幸せにね♪



人気ブログランキングへ
↑ ブログランキング、応援クリックよろしく!!





本気になったモンゴロイドの会(HNMA) | 12:30:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。