SEO対策:北海道
 
■はね330

生まれも育ちも北海道。
食べられないものはないけど、舌はこえている。
小さいときは父さんが採ってきた竹の子を、どこの山で採ったか当てていました。
調味料は塩・コショー!
食い意地 黒帯です。

はね330

Author:はね330
FC2ブログへようこそ!

3月4日、管理者の名前を変更しました。
コメント・トラックバック大歓迎です。
ただし、アダルトサイトや本文と関係ないようなトラックバック・コメントは遠慮なく削除させていただきます。
・いいさ、これで
↑はね330の公式(?)ブログです。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■カテゴリー
■tw

■おいしいお勧め
■最新の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ぐるめ探検隊

ぐるめ探検隊バナー画像
このブログがどんなブログなのかがみなさんの一票によって決まります。
投票する

■過去ログ
■QRコード
■ブロとも申請フォーム
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | --:--:--
かじかてっさ
そんな訳で、つい襟裳岬まで来てしまった。

くるりと灯台をまわって、食堂で一休み。

食堂には寿司職人が寿司を握っているカウンターがあり、ちょっと驚いた。
なので、カウンターに座って注文してみたのがコレ。

かじかのてっさ。

かじかてっさ

「かじか」って、北海道ではわりとメジャーな魚。なべの定番だ。
しかし、刺身でいただいたことはない。
かじかの刺身だ。肝もついている。
私は肝好き。
かじかの鍋をしたときには肝が一番の楽しみ。
で、あんこうの肝よりもかじかの肝の方が好き。

「あ、肝も入ってる♪」
ワシのささやきが耳に入ったらしい。
寿司職人のおじさんが言った。
「まってね、今おまけもつけるから。」

おまけにいただいたのは肝和え。

肝いり

この右下の皿のもの。
多分かじかの皮を肝で和えた物。
コリコリの皮に濃厚な肝が絡まって、うまいのよ。

かじかの刺身はしっかりとした歯ごたえの淡白な身。もみじおろし入りのポン酢が合う。

う~~~ん。
新鮮なカジカを手に入れなければ、これはなかなか食べられないぞ。
むかわに来てからの私の課題でもある釣り、気合が入るなぁ・・・・





海のもの(魚介類) | 19:29:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。