SEO対策:北海道
 
■はね330

生まれも育ちも北海道。
食べられないものはないけど、舌はこえている。
小さいときは父さんが採ってきた竹の子を、どこの山で採ったか当てていました。
調味料は塩・コショー!
食い意地 黒帯です。

はね330

Author:はね330
FC2ブログへようこそ!

3月4日、管理者の名前を変更しました。
コメント・トラックバック大歓迎です。
ただし、アダルトサイトや本文と関係ないようなトラックバック・コメントは遠慮なく削除させていただきます。
・いいさ、これで
↑はね330の公式(?)ブログです。

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■カテゴリー
■tw

■おいしいお勧め
■最新の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■ぐるめ探検隊

ぐるめ探検隊バナー画像
このブログがどんなブログなのかがみなさんの一票によって決まります。
投票する

■過去ログ
■QRコード
■ブロとも申請フォーム
■リンク
■ブログ内検索

■RSSフィード
■フリーエリア
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | --:--:--
また行っちゃったよ。
雪が降る中行ってきた。車で行ったので、今回はウーロン茶で。


ラーメンサラダとまと風味。

トマトソースのラーメンサラダ


さっぱりした割と濃厚なトマトベースのソースと温泉たまご。
ぐしゃぐしゃにかき混ぜて食べた。
なんとなくイタリア~~~~~~ンな地中海の風を感じた。



これはもう王道。

とりわさ



とりわさ。
もちろん私は「超レアで!」
たっぷりの山ワサビ。これをお好みで、ちょっとつけたり、ガバッっとつけたり。
ちなみに私は、あまった山ワサビを醤油に浸しておいて、それでチビチビとやるのも好きなのね。


鶏の柚子こしょうオリーブオイル風味。

柚子こしょうの鶏


「もう1品、半生が食べたい」のリクエストに店長が応えてくれた。
九州のとこだかから送られてきたと言う自家製の柚子コショウ。この辺りで売っている物よりもかなり辛めだ。
それとオリーブオイルとシソをどうにかして、半生のササミにからめる。さらにたたいた山芋を一緒に口にほおばる。
これはうまいぞ!


焼とり・創作料理 風流 (←風流のHPはココをクリック!)

住所:札幌市白石区栄通19-11-49 アカシアビル地下1階
電話:011-851-6845
営業時間:18:00~25:00(ラストオーダー24:30)
定休日:日曜(月曜が祝日の場合は月曜となります。)



ブログランキング

↑ブログランキングに参加しています。「美味しそう!」と思ったら、クリックお願いします。


まるごと北海道《お得!送料無料コーナー》←携帯はこちら


北海道・東北



スポンサーサイト


いつもの店 | 18:03:08 | Trackback(0) | Comments(6)
本気になったモンゴロイドの会 旭川支部初イベント!! ~第2部~
『情熱的っ!本気になったモンゴロイドの会(HNMA)』の旭川支部初イベントに参加してきた。


お米の講義は第1部。(←第1部の様子はココをクリック!)

第2部は「交流会&食事」
スィートテラス内の「カフェ フォセッタ」「パン工房 クラスト」「ル・パピエ」3店の協力を得て、道産のもの盛りだくさんの食事だ。

会場



の前に、第1部が始まる前、受付の時にウエルカムスィーツとしていただいたのがこれ。

ウエルカムスィーツ


旭川支部長mameさんの作品。米粉のスィーツだ。
米粉とじゃがいもでできている。
一つは普通に、もう一つはじゃがいもをかなり練ったらしい。3つ目はそのうちのどちらかが入っている。ラベルもかわいい。
口の中でホロホロとほどけて、優しい甘さがいっぱいに広がる。
じゃがいもをたくさん練った方が大きくほどける。


食事はこれ。

料理


ほとんどが道内産のものらしい。
一気に紹介!!!


知床鶏のグリル ジャーマンポテト添え。

知床鶏


しっかり焼かれた皮が美味しかった。


ちぢみホーレン草とカリカリベーコンのサラダ。
ちぢみホーレン草のサラダ


本当に甘いホーレ草だ。サラダが一番美味しい食べ方なのかもしれない。



ちぢみホーレン草のクリームパスタ。

ホーレン草パスタ


サラダが一番合うかもしれないなんて言ってしまったが、このパスタもいい。
モチモチの道産小麦を使った生パスタに、ホーレン草のクリームソースがよくからむ。


谷口農場の真っ赤なトマトのパスタ。

トマトパスタ


そして、サッパリとしたトマトソースのパスタ。


米粉のパンを色々な具材で・・・

米粉のロールケーキ。

米粉のロールケーキ


しっとりとしたロールケーキだ。

米粉のスコーン。
米粉のピッツア ジンギスカン風。

ピザとスコーンと


米粉のピッツアも違和感がない。というより美味しい!
ジンギスカンのピザ、かなりのヒットだった。


そして飲み物にはビール・ワインなどの他谷口農場のゆうきくん(トマトジュース)

ゆうきくん


無塩のトマトジュースだったが、すっきりとしたトマトジュース。塩がちょっと入ると甘くなるんだろうなぁ。


最後に登場!釧路産のエゾ鹿肉のロースト。

鹿肉ロースト


エゾ鹿肉はもちろんうまいのだが、ちょっとのった山ワサビがいいのっ!!

もう、どれもこれもがうまい!


旭川の「ちぢみホーレン草」の話もあった。
寒締めホーレン草とも言うらしい。9~10月から栽培をはじめ、土の温度があれ?何度だったかな。マイナスになると枯れ始めるらしいので、それよりちょっと上の温度かな。と、外気の温度がマイナスなったとき(だったと思う・・・)に甘くなるらしい。非常に温度管理が大事で難しいらしい。
普通のホーレン草の糖度が2~3、多くて5~6だが、このちぢみホーレン草は8以上が出荷の基準だそうだ。
ホーレン草の苦味は少ないように感じた。
冬が旬のホーレン草。うまかった。
サラダによし。
パスタによし。


この日ホテルからスィートテラスに向かう道中「耳がちぎれる~~~」なんて思うくらいにしばれていた旭川だったが、この会場は熱かった!

また休みが合えば、旭川まで出かけていきますよ!!

本気になったモンゴロイドの会、主催MASAさんのブログ(←ココをクリック)

本気になったモンゴロイドの会旭川支部長mameさんのブログ(←ココをクリック)

谷口農場(←ココをクリック!)


ブログランキング

↑ブログランキングに参加しています。「美味しそう!」と思ったら、クリックお願いします。


まるごと北海道《お得!送料無料コーナー》←携帯はこちら


北海道・東北





本気になったモンゴロイドの会(HNMA) | 00:54:14 | Trackback(0) | Comments(10)
本気になったモンゴロイドの会 旭川支部初イベント!!
『情熱的っ!本気になったモンゴロイドの会(HNMA)』の旭川支部初イベントに参加してきた。

「簡単に感嘆しちゃう 本には載らない米の真実!語りはモチロンあの男・・・♪」

買い物公園にあるフードテラスの1階、スィートテラスを借り切っての盛大なイベントだ。

「本気になったモンゴロイドの会」の米大臣さとるさんの話、しっかり聞いてきましたよ♪

以下箇条書きで惜しげもなく行きます!!

・ 米は楽しい!
  米をご飯に変えることは、調理。やりかたによって美味しくもまずくもなるのだ。


・ 米で旅行を!
  日本全国、あちこちで作られている米。その年の気候や台風などの影響などで変わる米の味。
 そんな味を食べ比べて、旅行気分してみて欲しい。


そして美味しい米のとぎ方♪

1.正確な計量を。カップ1杯のお米は150g。米びつでなく、袋などから直接すくうときには、ゆすって平らにするのではなく、すりきって平らにすること。ゆすると米がつまって155~158gくらいになってしまう。
  昔はカップ1杯の米は160gと言われていたが、乾燥の技術が進み、今のお米は昔のものよりもより乾燥されているらしい。

2.5合炊きの炊飯器なら2~3合炊くのが丁度良い。
  沸騰した時に、米がぶつかり合い甘みが出るらしい。5合炊きで5合炊くと、満員電車状態で上手に米どうしがぶつからず甘みがでない。

3.最初に入れた水は素早く投げる(捨てるの北海道弁)。
  米は沢山の機械を通って白米になっているので、ぬかばかりではなく小さなゴミや鉄の粉などもついている。
  米は乾いたスポンジのような物なので、最初の水を良くすってしまう。
  なので、最初の水は素早く投げる。

4.また水を入れ、素早くなげる。

5.水が沢山ある状態で研ぐ。ギュッギュッっと研ぐと米が壊れてしまうので、洗うような感じで。
  水が少ない状態で研ぐと、せっかくとれたぬかを、また米がすってしまう。
  水の水流を利用して研ぐ。

ここでさとるさんの研ぎを見ていただきましょう。


究極の米研ぎ posted by (C)はね330

  ↑写真をクリックして動画を再生してください。

6.水加減。冬で冷たい水を使うときには、少し水を多めにする。

※ つけおきの時間は、米の中に美味しさを出すために水を補給している時間。
  夏で40分以上、冬で1時間以上で美味しくなる。
  おいてから炊く時にもう一度水を変えると、更に美味しくなるらしい。

炊飯器



で、同じとぎ方をした同じ米を、炊飯器を変えて炊き比べ、食べ比べ。
白い方のマイコンジャーと銀のIHジャーで比較した。
あきらかに味、食感が違う。
マイコンの方は米が若干壊れた感じがする。IHのほうは米の粒一つ一つがしっかりしていて、「釜を開けた時に米がツヤツヤで立っていた。」様子が想像できるのだ。
IHジャーは内釜全体が発熱するので、米同士のぶつかり合いが多く、美味しく米が炊けるということだった。

炊いた米は「おぼろづき」と「ななつぼし」の混植栽培米。


少ない水でガシガシ砥いでいた今までの私のやりかた。なんかもったいないことしたなぁ。
かなり古いタイプの我が家の炊飯器だが、この研ぎ方で、更に美味しくいただけそうだ。

あ、そうそう。スーパー等で米を買うときには、是非精米日をチェックしてとのことでした。



さとるさんのブログ(←ココをクリック)

米家きゅうさん札米 (←お店のHPはココをクリック!)

本気になったモンゴロイドの会、主催MASAさんのブログ(←ココをクリック)

本気になったモンゴロイドの会旭川支部長mameさんのブログ(←ココをクリック)

「おぼろづき」と「ななつぼし」の混植栽培米。(←ココをクリック)



ブログランキング

↑ブログランキングに参加しています。「美味しそう!」と思ったら、クリックお願いします。


まるごと北海道《お得!送料無料コーナー》←携帯はこちら


北海道・東北





本気になったモンゴロイドの会(HNMA) | 21:40:03 | Trackback(0) | Comments(0)
スモークサーモン ~ニセコ燻製工房~
以前ニセコの道の駅に寄った時に、気になったのだが買わなかったもの。
今回はゲットした。

スモークサーモンハラス

スモークサーモン



ニセコ燻製工房というところで作っているらしい。
「添加物を使っていない」という文句に引かれた。
スーパーなんかに売っているスモークサーモンって、なんとなく後に変な味っていうかくどさと言うか、そんな感じがちょっとだけするような気がする。
添加物のためではないのかもしれないけどね。
でも、好きだから買ってしまうのだけどね。
原材料:トラウトサーモン・食塩・砂糖・落花生油・コショウ・ハーブ・飲料白樺樹液。以上。

皿にのったスモークサーモン


ほんとに優しいスモークサーモンだ。
変な後味は全くしない。
これはうまいぞ。
かなりうまい。バクバク食べたいスモークサーモンだ。
ご飯にのせて食べてもうまそうだ。


ニセコ燻製工房(←燻製工房はココをクリックして出てくるペンションの中にあるらしいです。)

所在地:  虻田郡ニセコ町ニセコ高原東山27-32
TEL:  0136-44-3199




ブログランキング

↑ブログランキングに参加しています。「美味しそう!」と思ったら、クリックお願いします。


まるごと北海道《お得!送料無料コーナー》←携帯はこちら


北海道・東北





海のもの(魚介類) | 20:42:23 | Trackback(0) | Comments(4)
「雪ぼうず」と「海のしっぽ」
そんな訳で、黒松内で美味しいものをたらふくいただいた。(←どんな美味しいものかはココをクリック!)

朝食のゴマ豆腐、朝の味噌汁に入っていた豆腐がおいしかった。これらも黒松内で作られているらしい。
黒松内の道の駅で、その豆腐屋さんの豆腐を購入した。


雪ぼうずのザルとうふ。

海ぼうず


こんなかわいいザルに入っている。

海ぼうずと海のしっぽ


なんでもおからが出ない作り方だそうだ。
大豆がまるまる入っている。
更に自家栽培・無農薬。安心な上に美味しい。力強い豆腐だ。もちろん大豆の風味たっぷりだ。こういう美味しい豆腐は塩で食べるのが美味しい。

塩をかけた海ぼうず


で、今回つけたのは「海のしっぽ」これまた黒松内の「しおのや」と言うところで作っている。
弁慶岬でくみ上げた海水で作っているらしい。
しおのやさんが塩作りの場と北海道で一番幅が狭くなっているところ、その真ん中あたりの黒松内は太平洋と日本海 両方から海水がとれるという理由で塩作りの場を黒松内にしたらしい。
まぁ、そんな講釈はどうでもよい。とにかく優しい美味しい塩なのだ。


ついでに海のしっぽのバター飴も買ってみた。

塩バター飴

ほんのりバターの風味。優しい塩味。
あっさりとしたバター飴。



とうふ処みうら(←みうらさんのHPはココをクリック!)

〒048-0136
北海道寿都郡黒松内黒松内町字赤井川5番地
TEL/FAX: 0136-73-2114


海心窯 しおのや(←しおのやさんのHPはココをクリック!)

〒048-0101
北海道寿都郡黒松内町478-4
TEL&FAX: 0136-77-2111



ブログランキング

↑ブログランキングに参加しています。「美味しそう!」と思ったら、クリックお願いします。


まるごと北海道《お得!送料無料コーナー》←携帯はこちら


北海道・東北





その他のおいしいもの | 20:15:40 | Trackback(0) | Comments(6)
歌才自然の家
黒松内に行き「かんじきブナウオッチング」というイベントに参加してきた。(←そのウオッチングの様子はココをクリック!)
歌才自然の家に宿泊し3食ついて、更に北限のブナ林をかんじきをはいて散策。なんとも贅沢なイベントだ。

その3食がまたうまかった。
黒松内の食材を惜しげもなく使い、シェフが腕を振るった料理。

夕食なんとなく全体


一気に紹介!!


朱太川鮎の甘露煮。

朱太川鮎の甘露煮


朱太川は黒松内を流れる川。
天然鮎なんだろうなぁ、きっと。


越冬海別のサラダ。

越冬海別のサラダ


海別と言うのはキャベツの北海道弁らしい。
甘みを増したキャベツがうまい。


鮪の山かけ
鮪山かけ(黒松内産長芋)



長芋は黒松内産。
私の大好物!


タチポン
タチポン

これまた私の大好物!!
上にのった煮こごりみたいのが、また面白い。


黒松内ハンバーグ細切じゃが芋

黒松内ハンバーグ細切じゃがいも


黒松内の豚肉を使っているらしい。
あっさり目のハンバーグ。お酒を飲みながら食べるには丁度良い。
しっかりした肉の味。
上にのったマッシュポテトと細切りのジャガイモ。これだけ食べてもうまい!
付け合せの菜の花(だと思う)春らしくて嬉しいね。


鱈のあんかけ越冬大根&毛ガニあん

鱈のあんかけ越冬大根&毛ガニあん


あんが絶妙な味付け。若干薄めで、私好み。
大根がまたうまいのよ。
もちろんあんも舐める様にいただいた。


ヤーコンきんぴら

ヤーコンきんぴら


シャキシャキしたヤーコン。きんぴらが合うんだなぁ~~。


越冬海別のグラタン

越冬海別のグラタン


キャベツのグラタンなんて始めてだけど、これまたホワイトソースに合うんだな。


かんじきパン(クランベリーナッツ)

かんじきパン


渋谷式かんじきの形をしている。
なかなか味のあるパン。


もう一つパン

ぱん


中にチーズが入っていて、このパンに合うの。美味しいの。


黒松内のあずき(小豆)でデザート

これまた大好きな白玉入り♪

薄めのシロップとこしあんを合わせると、幸せな味がする。

写真は撮り忘れてしまったが、更に鱈鍋。
お椀に入った鱈鍋がテーブルに来た時に、味噌汁と勘違い。
「ご飯いただけますか?」と元気いっぱい尋ねてしまった私。
この後、雑炊も出るというのに、白飯もいただいてしまった。米は蘭越の「ほしのゆめ」

で、その雑炊。

おじや



ベーコンやチーズもあり。もちろん内のもの。

ベーコンとかチーズとか




さらにこんな黒松内のお酒たち。

お酒



大満足の夕食だ。
夕食で使った箸は、my箸としていただける。


朝食はこれ

朝食


岩のり入りの味噌汁がうまい!
鮭の塩加減がいい。
もちろん昨夜いただいたmy箸で食べる。



そして、ブナウオッチングの後の昼食。もちろんmy箸でいただく。

シェフ特製豚汁とオニギリ。そして「かんじきクッキー」

豚汁&おにぎり



更にジャガイモは「海のしっぽ」をつけて。

じゃがいも&海のしっぽ


黒松内のしおやさんが海水で作っているこの塩がまたうまい。もちろん塩は自分へのお土産に購入。
サラダもあり。
そしてデザートまで。

イカスミロールケーキ。

イカ墨ロールケーキ


ちょっと、ほんのちょっとだけのケーキのしょっぱさが、生クリームの甘みを引き立てている。
うまい!

大・大・大満足の食事だった。
外遊びを楽しんで、こんな素晴らしい食事を3食いただき、2日分の温泉入浴もつき、道の駅のドリンク券もいただき、これで9800円は安すぎる!!
リピート決定です。



<番外編>

到着した日の昼に食べた物
イカスミ冷麺。

イカスミ冷麺


これじゃあ、わかりずらいね。

イカスミ冷麺2


黒松内の黒にちなんでいるらしく、レストランにはイカスミもののメニューもいくつかあった。
この冷麺、麺が真っ黒。優しい塩味のスープがすごく美味しかった。




歌才自然の家

住所: 〒048-0101
    寿都郡黒松内町字黒松内584
電話: (0136)72-3010


ブログランキング

↑ブログランキングに参加しています。「美味しそう!」と思ったら、クリックお願いします。


まるごと北海道《お得!送料無料コーナー》←携帯はこちら


北海道・東北





その他の外ご飯 | 23:28:43 | Trackback(0) | Comments(2)
別海産純血サフォーク
先日「別海産ひつじ肉の内臓料理」をいただいた。
その時に「もうすぐ新しい羊がくる。」そんな情報があった。
なので、また行ってしまった「OSTERIA Trippa(オステリア トリッパ」

別海で育った10ヶ月の羊。純血サフォークだ。


かたまり



メニューに出ていたのはこれ

ぐるぐる巻き

別海産羊のぐるぐる巻き。
多分あばらのところの肉が、ぐるぐるに巻かれ 焼かれている。
焼いている時から羊肉のいい香りが鼻をくすぐる。
それに、羊肉のスープで煮込まれた帯広産の白いんげん豆がたっぷりかかりけっこうなボリュームだ。
羊のだし・脂の旨みをたっぷりと吸った豆が、またうまい。



カルパッチョ。多分首~肩の部分の肉。


肉

まずは何もつけずに生で。しっかり肉。生のほうが羊独特のクセは感じないようだ。

そしてイタリアの塩をちょっとつけていただく。
こりゃうまい!!

更にレモン汁もつけてみる。
これもうまいが、塩だけのほうが肉の美味しさが引き立つ。際立つ。


まだ少しお腹に余裕があった。
やっぱり腹八分じゃやめられない。
そこでこれ。

パスタ


トマトソースリコッタサラータのパスタ。
トマトソースのパスタに白糠にあるチーズ工房「酪恵舎」のリコッタサラータがかかっている。
ちょっとしょっぱめのチーズがいい。

今日も満腹です。

あ、そうそう。
昨日生まれて初めての人間ドックを受けたのです。
コレステロールはちょっと高めだったが、メタボはギリギリセーフでした。


OSTERIA Trippa(オステリア トリッパ) (←オステリア トリッパのHPはココをクリック!)

住所:北海道札幌市白石区菊水3条2丁目3-26大和商会ビル1F
《地下鉄東西線菊水駅③番出口から30秒》
電話: 011-555-5906
営業時間
昼:11:30~13:30LO(14:00CLOSE)
夜:17:00~22:00LO


ブログランキング

↑ブログランキングに参加しています。「美味しそう!」と思ったら、クリックお願いします。


まるごと北海道《お得!送料無料コーナー》←携帯はこちら


北海道・東北





陸のもの(肉類) | 06:16:13 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。